太陽光発電とは、どういったものなの?

太陽光発電とは、どういったものなの?

省エネが叫ばれはじめて久しいですが、その中でも代表的なものが太陽光発電です。
テレビのコマーシャルでも見聞きすることが多いですし、特集番組が組まれたりします。
簡単に言えば、太陽の光を利用して電気を作るシステムのことをいいますが、ご近所でも自宅の屋根やビルの屋根に太陽電池を付けている光景を目にします。
 
太陽光発電で作った電気は、企業や個人の自宅で使用するのですが、使い切れずに余った分もあるでしょう。
その電気は電力会社が買い取りしてくれるシステムが構築されています。
太陽光発電があれば、大規模震災が起こった場合で停電になった場合でも、お天気が良くて太陽光線が届いてくれさえすれば電気を使うことができます。
 
イザと言う時にも利用価値がありますし、家計の足しにもなるうれしいシステムだと言えるでしょう。
では、どうして今、太陽光発電が注目されているのか理由をご説明しましょう。
 
「地球温暖化」という言葉を聞いたことがあると思いますが、その理由は温室効果ガスだと考えられています。
二酸化炭素などが原因で、まるで地球が温室の中に入っているような状態になっています。
これによって地球温暖化になっていますが、21世紀の末期ごろには、地球の平均気温は最大ですが 6.5℃上昇すると試算されています。
 
これが指摘されたのは 2007年2月のことです。国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」が発表しました。
そして日本で開催された地球温暖化防止京都会議では、我が国は2008年から2012年までに
二酸化炭素などの温室効果ガスを6パーセント削減する目標を決定したりして取り組んできました。
 
太陽光発電は未来の暮らしを支えるクリーンエネルギーとして、地球温暖化対策の一つとして国が積極的に推薦しています。
発電をするときに二酸化炭素を出す事もありませんし、排気ガスや騒音もありませんし、環境に優しい方法だと考えられているのです。



  キックボクシング 大阪

一枚板